お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

虫歯治療|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701

虫歯治療

虫歯(むし歯)とは

虫歯は、口の中に残った汚れにミュータンス菌などの細菌が増殖し、歯の表面を侵食していく病気です。大前提として、まず虫歯にならないということが大切ですが、もしなってしまったらできるだけ症状が軽いうちにきちんとした治療を専門家のもとで受けることが大切です。
浸食の速度は体力や免疫力の状態など人によって異なりますが、神経に達してしまうと強い痛みが出ることがあります。
また、神経に達してしまった虫歯は治療も困難になり、深刻なケースでは抜歯は必要になってしまう場合もあります。

そのため当院ではなるべく自然の歯を残すために、できる限り削らない、神経を抜かないことを大切にして診療を行っています。治療方法などについてセカンドオピニオン(相談)も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

治療について

C1:エナメル質内(表面)の虫歯

歯の表面はエナメル質というツルツルした物質でおおわれています。このエナメル質が溶け始めた段階の虫歯を「C1」と呼びます。
この段階ではまず痛みがなく目で見てもあまりわからないこともあるため、つい放っておいてしまう方も多くいらっしゃいます。
治療法としては、虫歯の部分だけをなるべく少なく削り、合成樹脂などの詰め物で埋めていきます。

C2:象牙質に達する虫歯

エナメル質の内側には象牙質と呼ばれる層があります。虫歯この象牙質に達した状態を「C2」と呼びます。
象牙質というのは歯の組織の中でもやわらかい部分なので、虫歯がここまで進行すると浸食がどんどん早くなります。

治療法はC1とほぼ同じで、悪い部分を削り取って合成樹脂を詰めます。
浸食の範囲が広い場合では虫歯の部分を削って歯型を取り、インレーと呼ばれる詰め物をします。
インレーは金属製やセラミックでできており、患者様のご希望やご予算に合わせて様々な素材を用意しています。

C3:神経に達した虫歯

象牙質の内側には歯髄と呼ばれる神経が通う層があり、ここまで虫歯が進行したものをC3と呼びます。虫歯が歯髄(神経)まで達すると神経に細菌が進入し、毒素を発することで激しい痛みを伴う場合があります。
この細菌が出す毒素は、血管を通って全身にいきわたるともいわれており、なるべく早期の治療が必要となります。
神経が強い炎症を起こしている場合は神経そのもの取り除き、根管内を徹底的に消毒します。その後シーリング材などを用いて歯管内を埋めていきます。

神経を抜いてしまうと、歯はもろくなってしまいます。そのためクラウンと呼ばれる、歯全体を覆うような被せものをする場合があります。
症状にもよりますが、神経を抜かずに抗生物質などで治療出るケースもありますので、何よりも早い段階で専門家に診てもらうことが大切です。

C4:歯全体が失われた虫歯

歯ぐきよりも上の歯がすべて溶けてしまった状態を、C4と呼びます。ここまで進んでしまうと、被せものをするのも難しい場合もあります。
抜歯となってしまった場合には、入れ歯やインプラントで歯を失った部分を補ってあげることが大切です。
そうすることで残っている周りの歯をより長く健康に保つことができます。

このような状態にならない為にも、日ごろから専門的なケアも視野に入れて、歯を大切に守っていきましょう。

そもそも悪くしないように

当院では地域の皆様の歯が悪くなる前に情報提供やきめ細かなケアを通して、虫歯を予防していく「予防型歯科医療」を推進しています。
正しい歯磨きの仕方や上手な食事のとり方、専門的なクリーニング(PMTC)や定期健診を通して、悪くならないお口作りを考えてみませんか?
少しでも不安や違和感のある方は、なるべく早くに当院までご相談くださいませ。

予防歯科について詳しく!

求人のご案内

PAGE TOP