お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

補綴(入れ歯)|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701

補綴(入れ歯)

はじめに

入れ歯は失った歯を補助してくれる大切なパートナーです。作る際は一つひとつ職人の手作業で作っていきます。これは保険診療で作るものも、自費診療で作るものも同じです。
では何が違うのか?それは素材です。
素材によって耐久年数が異なり、またその方の噛みぐせやお好みによって相性は様々です。

当院の入れ歯づくりは保険かどうかにかかわらず、お一人おひとりの特徴やくせを把握できるように、十分なコミュニケーションを取るところから始まります。

自分にぴったり合った入れ歯を見つけていただくこと、そしてより長い間安全にお使いいただけるためのサポートをしていきます。
自然に生えてくるご自身の歯にもケアが必要なように、人工物である入れ歯はより一層お手入れに気を配っていただくことで、日々の暮らしの最高のパートナーとなってくれます。

当院では「作っておわり」ではなく、その後のケアまで考えた診療を行っています。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく分けると「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類があります。あなたのお口の状態に合わせて、当院のプロフェッショナルがご相談をお受けいたします。

総入れ歯とは

お口の中にある自然な歯をすべて失ってしまった場合に用いる入れ歯です。
顎の裏面まで覆うように作られている大きな入れ歯のことを指します。
失ってしまったすべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯とは

歯を失ってしまった部分に、局所的に使用する入れ歯のことです。
自然に生えている歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯をお作りすることができます。
残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。しかし、隙間を中心にケアは入念に行う必要があります。

入れ歯を装着されている方へお伝えしたいこと

入れ歯を末永く安全にご使用いただくために、是非以下にお気を付けいただければと思います。

ケアは入念に

入れ歯は職人の手によって作られる人工物です。自然の歯とは違い、免疫力がありません。お風呂を想像していただくとわかりやすいですが、お口の中の人工物はちょうど湿ったお風呂のように細菌やカビが発生しやすい環境となります。そのまま放置してしまうと、ひどいケースでは肺炎につながるなど非常に危険です。ご自身の歯磨きと併せて、かならず正しいケアを行うようにしてください。

半年に1度は見直しを

自然の歯には多少の傷なら修復できる力がありますが、入れ歯にはありません。これはどんなに高価な素材を用いても得ることができません。そのため、ご使用いただくうちに少しずつ削れて行ってしまいます。素材によってその速度は変化しますが、一般的には半年ほど使うと目で見ただけではわからない程度に入れ歯がすり減ってしまいます。すると作ってすぐの時には計算されていたかみ合わせが合わなくなり、全身の不調を招く恐れがあります。どんなに問題がない場合でも、半年に1度程度は専門家に相談するようにしましょう。日々のケアの仕方を見直す良い機会にもなります。

異変を感じたらすぐ相談

専門家がきちんと計算し、職人が丁寧に作った入れ歯でも、人の体で使ってみると思わぬずれや異変が起きる場合があります。ご使用いただくうちに、「あれ?なんか違和感があるな」と感じる場合がありましたら、なるべく早くに専門家にご相談ください。

以上の事に気をつけてご使用いただくことで、入れ歯はあなたの大切なパートナーとして、日々の暮らしをサポートしてくれます。

求人のご案内

PAGE TOP