お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

口腔外科|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701

口腔外科

当院の口腔外科(こうくうげか)

虫歯や歯周病以外の治療で、お口の中やその周りの症状に対する治療で外科的処置を行う場合は口腔外科としての診療となります。
代表的なものでは親知らずの抜歯や顎関節症(がくかんせつしょう)等があります。当院では専用の個室を用意し、安全な環境で施術を行っています。

顎関節症(がくかんせつしょう)の治療

何らかの原因によって顎から「ポキッ」と音が鳴る、または痛みが出たり口が開かなくなるような症状を「顎関節症」と呼びます。
重症の場合には顎の痛みが影響し、肩こりや頭痛、めまいなどを引き起こすこともあります。重度の例では難聴などを引き起こすケースもあります。

日ごろの噛み癖等が原因となって起こる場合が多く、原因となっている癖や習慣を特定して少しずつ改善していく治療法が主となります。
その他の治療法としてお薬で治す、噛み合せを矯正する、顎の関節を洗浄する、外科手術によって治療するなどがあります。

顎関節症は放っておくと症状が悪化するケースがほとんどなので、異変に気付いた段階で早めに専門家に診てもらうことをお勧めします。

親知らず

現代人のほとんどの方の奥歯のさらに後ろの歯ぐきの中に隠れている8番目の歯を「親知らず」といいます。
一般的に17~30歳頃に生えてくると言われており、痛みなどが出ない場合はそのままにされる方もいらっしゃるようです。

しかし実際には歯並びに悪い影響を与えたり、見えない傷を作って雑菌が繁殖する可能性があるため、悪影響の無いうちに抜いたほうが良いでしょう。
中には問題なく生えてくる方もいらっしゃいますし、もともと親知らずが生えてこない方もいらっしゃいます。
そんな親知らずですが、決して甘く見てはいけません。特に親知らずの先の部分が少しだけ歯ぐきから出てきてしまった方や、少しでも痛みを感じる場合はすぐに専門家に相談してください。

求人のご案内

PAGE TOP