お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

子供の矯正について|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701

子供の矯正について

当院ではお子様の歯の矯正にも対応しています。子供の矯正は欧州やアメリカでは非常にメジャーで、古くから広く取り入れられています。小児矯正を始めるタイミングは人によってそれぞれで顎の成長具合や、不整合の種類、永久歯へ生え変わるタイミングなどをお子さんの症状を総合的に判断し治療をします。

大人と子供では、治療方法が大きく違います。顎の成長がまだ発育段階にあるお子様は、成長発育を促したり、抑制しながらゆっくりと理想的な位置になおしながら治療を進めていきます。子供の治療期間が「1期」「2期」に分かれ、治療期間も長くかかるのはそのためです。

一方、大人の場合はすでに顎の発育が止まっています。そのため顎の大きさに対して、歯並びがおさまらない場合や、歯列が出ている場合などには歯を抜いて並び替えたり、前歯を後ろに下げたりします。
たしかに大人になってからの矯正はやっかいだと思われる方は多くいらっしゃると思います。ですが大人の矯正に利点があります。それは矯正期間が2期に分かれないため、短期集中的に治療が進むということ、また大人の場合は”治したい”という強い意思を持って治療を始めるケースが多いので結果的にスムーズに治療が行われやすいのです。

小児矯正は大人の矯正治療と違い1期治療、2期医療のに段階に分けて治療をします。

1期治療

子供の矯正はただ歯を動かすだけでなく、子供の成長を利用して顎の骨格自体を改善することが可能です。
1期治療はまだ乳歯が残っている状態から治療をはじめ、悪い噛み合わせを改善することにより正しい
顎の発育を促します。ケースによっては1期治療を行う必要のない場合もあり、その場合には永久歯が
生え揃ってから治療を開始します。

2期治療

永久歯は生え揃ってから行う治療方法です。2期治療ではお子さんの歯1本づつにブラケットを
をつけお子さんの歯を整えていきます。また2期治療では、1期治療で顎の形を整えてから2期治療へ
移行するため、成人矯正と比べて治療期間が短くなったり、抜歯をせずに治療ができる可能性が高くなります。
また1期治療で噛み合わせや歯並びが改善されれば、2期治療が必要ないケースもあります。

小児矯正歯科Q&A

いつ矯正を始めるか?どんな場合には矯正をしたほうがいいのか?どの程度の時間がかかるのか?
お子様、ご自身の矯正をご検討の方は様々なご不安や疑問があるかと思います。ここでは皆様の様々な疑問にお答えしていきたいと思います。

矯正するかどうかは、いつごろまでに判断すべきでしょうか?

6歳ぐらいまでに噛み合わせを判断をするために受診いただいた方が良いです。緊急性がなければ経過観察を行い、実際の治療が始まるのは8〜9歳ぐらいになります。 ターニングポイントになるのは、乳歯列完成時(3歳)、永久歯前歯萌出時(6歳)、永久歯列完成時(12歳)の時期です。

効率的に矯正をすすめるには、開始時期が重要です。ですが患者さんやご家族が判断されるのは難しいかと思いますので、まずは無料のご相談にいらしていただければとおもいます。

「矯正したほうがいい」という目安には、どんなものがあるの?

噛みにくい、噛みきれない、歯ならびの見た目が気になる、口もとが出ている、顎が曲がっている、発音しにくいなどです。

どんなメリットとデメリットがありますか?

歯並びが綺麗になることでお顔全体の雰囲気が変わり、自信が持てるようになります。歯が磨きやすくなり虫歯になりにくくなったり歯周病のリスクを下げ、歯の健康寿命が伸びます。歯並びの悪い方は上下の歯の噛み合う面積が小さいため、咀嚼の際、顎を色々な方向に動かして食べなければならず、顎関節症になることもあります、矯正で上下しっかり噛めるようになります。

デメリットとしては、装置が付いてる期間は歯磨きに時間がかかったり、歯が浮いた感じがしたり、口内炎ができたりすることがあります。また症例によっては健康な歯を抜歯することがあります。

費用はだいたいどの程度かかりますか?

治療を始める前に顎、歯列や顔の状態を知り、治療計画を立てるための精密検査診断料として3万円(税別)が必要です。
症例によりますが、子供の矯正で30〜40万円(税別)の基本料金がかかります。大人の矯正も症例や装置(部分矯正を除く)によりますが65〜95万円(税別)の基本料金がかかります。また、毎回の治療では処置料金が5千円〜1万円(税別)ぐらいかかります。

これらの治療費に紛失や破損、一般歯科診療、抜歯を含む外科的処置は含まれていません。 なお、多くの場合子供の矯正治療はある程度までの矯正治療です。しっかりとした咬合に治すためには、大人の矯正治療が必要になります。基本料金は差額で移行できます。

どんな方法があるのでしょうか?

歯に接着させ付けっ放しにするタイプと、マウスピースや入れ歯タイプのように着脱式のものがあり、症例により両方から選べることもあれば、どちらかでしか出来ないケースに分かれます(外科手術を併用しないといけないケースもあります)

治療期間中に矯正装置を外すことはできますか?

治療が中断されるので結果的に治療期間が伸びてしまったり、予定されていた治療の質を損なう可能性があるのでおおすすめはいたしませんが、その点のご理解をいただければ可能です。過去に外したケースの具体例としては、入院手術、成人式、結婚式、短期留学などがあります

子供が矯正を嫌がるのですが・・・

見た気にされて矯正を嫌がるお子様はたくさんいらっしゃします。そんなお子様には目立たないしろや、透明ブラケット(金具)、白いワイヤー、透明のマウスピース矯正、舌側(裏側)矯正をおすすめいたします。

ですが、無理に矯正治療を行っても治療効果は期待できません。固定式であれば歯の移動が可能ですが、虫歯のリスクがあります。個人差はありますが小学校3年生であれば矯正治療の必要性は理解できるようになります。経過観察を行わせていただき、治療開始の時期を見定めます。

矯正治療メニュー

求人のご案内

PAGE TOP