お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

虫歯になりやすいのですが、歯を磨く以外で予防法はないですか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

虫歯になりやすいのですが、歯を磨く以外で予防法はないですか?

虫歯を予防するためには毎日の歯磨きが大切ですが、これはあくまでも基本です。
しっかりと効果の高い予防法を実践するのであれば、歯磨きだけでは不充分なのです。
しかし、歯磨き以外の予防法といってもピンとこない人が多いと思うので、
ここでは歯磨き以外の虫歯予防の方法をいくつか紹介していきます。

1. デンタルフロス

歯と歯の間を清掃するもので、歯を綺麗にするという点ではデンタルフロスは歯磨きと同じです。
しかし、デンタルフロスは歯磨きでは落としきれない歯垢も除去できます。
実際に、いくら丁寧に歯を磨いたとしても歯垢を完全に除去することはできません。
歯と歯の隙間などの細かい箇所は磨けないですし、そういった箇所ほど歯垢が溜まるのも事実です。

一般的には、歯磨きだけ行った場合のプラーク除去率は6割ほどと言われており、
デンタルフロスを使用することでさらに2割、つまり8割以上のプラークを除去できると言われているのです。
ちなみに、デンタルフロスと同じ類のもので歯間ブラシもあります。
従来の歯磨きに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使用することで虫歯の予防効果はより高まります。

2. キシリトール

キシリトールが虫歯予防になることは、以前テレビや雑誌でも多々紹介されました。
ここで詳しく説明すると、キシリトールというのは単にガムの名称ではなく実在する天然素材です。
果物や野菜に含まれていますし、ガムに含まれるキシリトールは様々な木から採取できるものです。
キシリトールは口の中で酸を作らない上、唾液の分泌を促して酸を中和させる特徴を持っています。

さらにプラークが付着しにくい効果も持っており、虫歯が発生しにくい環境を作り出してくれるのです。
ただし、キシリトール配合の食品を購入する際は実際にどれくらい含まれているかを確認してください。
目安は50%以上で、歯科医院で販売されているものだと100%のものも存在します。
また、キシリトール以外の甘味料が含まれているものは、余分な糖類が含まれている点でおすすめできません。

3. 禁煙

タバコを吸っている人は、それだけで虫歯になるリスクが2倍以上高まります。
タバコが身体に悪いというのはもはや周知の事実ですが、口腔内にも悪いということです。
まず、タバコを吸うことで身体の免疫力が低下します。
免疫力が低下すると細菌に感染しやすくなりますが、虫歯菌にも感染しやすくなるのです。

また、普段タバコを吸っている人は心当たりがあるでしょうが、タバコを吸うと口の中が渇きます。
いわば乾燥状態になるわけで、これは細菌の発生や繁殖しやすい環境なのです。
さらに、歯にタールが付着することでプラークも付着しやすくなります。
ちなみに受動喫煙においても同じで、家族の誰かがタバコを吸っているだけで虫歯のリスクが高まります。

4. 定期検診

虫歯予防の方法としては最も効果的です。歯科医院の定期検診では口腔内をクリーニングしてもらえます。
プラークは時間が経つと石灰化して歯石となり、歯石になると歯磨きでは除去できません。
しかし、歯科医院で行うクリーニングなら歯石も完全に除去できるのです。
また、仮に虫歯になっても自覚症状のない初期段階で発見できるため、早期治療も可能です。

ちなみに、歯科医院の定期検診は虫歯に限らず口腔内全ての病気の予防に効果的です。
例えば、虫歯同様に多くの人が悩まされる歯周病においても、
歯科医院の定期検診を受けると受けないとでは予防効果に大きな差があるのです。
理想は3ヶ月に1回、最低でも半年に1回のペースで定期検診に通うことをおすすめします。

5. 歯磨きの効果を高める

何も考えずに歯を磨くだけでは、歯磨きとしての本当の効果を得られません。
単に食べカスを除去するだけなら簡単ですが、歯の至るところに付着した目に見えないプラークは、
適当な歯磨きでは除去しきれないですし、残ったプラークはやがて歯石になってしまいます。
プラークが歯石になるには最低24時間必要なので、1日に1回は丁寧な歯磨きを心掛ける必要があります。

また、歯ブラシを適度に交換することも大切ですし、フッ素配合の歯磨き粉にこだわることも効果的です。
このように、丁寧な歯磨きとそうでない歯磨きとでは、同じ歯磨きでも効果に雲泥の差があるのです。
ちなみに、上記で紹介した歯科医院の定期検診では正しい歯磨きの方法を指導してもらえるため、
それを実践すればより効果の高い歯磨きをすることが可能です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を磨く以外の虫歯の予防方法についてまとめます。

  1. デンタルフロス :歯と歯の間を清掃できる。歯磨きとあわせることでプラークの除去率が高まる
  2. キシリトール :酸を作らない、プラークを付着しにくくするなど、虫歯になりにくい環境を作る。
  3. タバコを吸わない :喫煙は免疫力を低下させる上、口腔内が乾燥して細菌が繁殖しやすくなる
  4. 定期検診 :最も効果的な予防方法。クリーニングすることでプラークも歯石も除去できる
  5. 歯磨きの効果を高める :正しい歯磨きを実践することで、従来の歯磨き以上の効果が期待できる

これら5つのことから、歯を磨く以外の虫歯の予防方法が分かります。
この中で最も効果的なのは、歯科医院での定期検診です。
予防はもちろんですし、いざ虫歯になった時でも早期発見と早期治療ができるからです。
確実に虫歯を予防するなら、まず歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけてください。

お問合わせについて

記事の内容や最新の予約状況、聞いてみたいこと等がございましたら、お気軽にご連絡ください!

診療時間や電話番号を確認する

定期検診をご希望の方はこちらからお問い合わせください

初診の方はこちらから

再診・ご相談の方はこちらから

求人のご案内

PAGE TOP