お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

歯周病は痛いの?どんな症状がでるの?

虫歯になれば誰でもそれを自覚しますが、歯周病の場合とそうとは限りません。
定期検診や虫歯治療のために歯科医院に行き、偶然その時に歯周病が発覚するケースすらあります。
つまり、歯周病は虫歯に比べて自身で気付きにくく、いつの間にかなっていたというパターンが多いのです。
そんな気付きにくい歯周病は一体どんな症状が起こるのか?虫歯のように歯が痛むのか?
ここでは、歯周病の痛みや症状をテーマにし、症状の進行別に分かりやすくまとめていきます。

歯周病は痛くない

口腔内の病気で誰もが気になるのは痛みの有無です。このため、先に言っておくと歯周病は痛くありません。
中には痛まないと聞いてホッとする人もいるかもしれませんが、その考えを持つことは危険です。
なぜなら、痛みというのは身体が私達に危険を知らせる大切なサインだからです。
考えてみてください。頭やお腹が痛いからこそ体調不良に気付き、傷口が痛いからこそケガに気付きます。

もしこれらに痛みがなければ、私達は自身の体調不良にもケガにも一切気付かず、
知らない間に症状が悪化して深刻な状態を招いてしまうでしょう。
そして、痛みのない歯周病はまさにそんな事態を招く危険性を秘めているわけです。
痛くない分歯周病であることに気付きにくい、これが歯周病の最も厄介な特徴でもあるのです。

初期段階の症状と治療

初期段階の歯周病では歯肉が炎症を起こし、腫れや変色をいった症状を起こします。
上記で説明したとおり痛みはないものの、自身の歯肉に注目すれば症状に気付くことは可能です。
この時点で歯科医院に行けば、比較的容易に治療することが可能です。

歯周病は、口腔内のプラークや歯石の中に潜む歯周病菌に感染することによって起こる病気です。
このため、クリーニングでプラークや歯石を除去することが歯周病治療の基本になるのです。
初期段階の歯周病であれば、これに加えて患者さんによるプラークコントロールで治療可能です。

中期段階の症状と治療

中期段階の歯周病では歯肉の炎症がさらに悪化してきます。
また、顎の骨も半分ほど溶かされてしまうため、ささいなことで歯がグラつくようになります。
こうなると噛む時にも影響が出るため、食事の際には歯が動くような違和感もあるでしょう。

中期段階の場合も治療内容は口腔内のクリーニングやプラークコントロールが主ですが、
症状次第では歯肉を切開する必要があるため、その際は歯周外科手術を行います。
また、トータルの治療期間も長くなり、初期段階での治療比べて半年以上期間が長くなることもあります。

重度段階の症状と治療

いくら自覚症状に乏しい歯周病でも、ここまで気付かないということはまずありません。
このため、違和感を軽視したり放置することさえしなければ、重度段階にまで至ることはないでしょう。
重度段階になると顎の骨はほとんど溶かされ、歯は抜け落ちるほどグラつくようになります。

治療内容は中期段階までのものとほとんど変わらないものの、重度段階では歯が残せないこともあります。
要するに抜歯が必要なケースであり、この場合は抜歯後にインプラントや入れ歯、被せ物などで対処します。
治療期間も長くなり、トータルの目安で言うと治療が終わるまで1年以上掛かります。

自覚症状の数々

痛みのないことで自覚症状に乏しい歯周病ですが、何も変化が起きないわけではありません。
ささいな変化や違和感を見逃さないことで、自身が歯周病であることに気付けます。
いわば歯周病かどうかを疑うための自己診断に役立つポイントをいくつか紹介しておきます。
歯周病を疑う自覚症状は以下のもので、その理由もあわせて解説しておきます。

  • 口臭が気になる :歯周病になると口の中で細菌が増殖し、歯肉も膿みを出すので口臭を感じる
  • 歯が長くなった :顎の骨が溶かされることで歯肉は退縮し、歯の根元が露出して長く見える
  • 歯肉が変色している、腫れている :歯肉の炎症は初期段階の歯周病の可能性がある
  • 歯がグラグラする :歯周病によって顎の骨が溶かされ、歯が支えを失って不安定になっている
  • 歯石がある :プラーク以上に細菌を持っているので放置は危険。歯科医院でしか除去できない

これらの自覚症状があれば、歯周病である可能性を疑うべきでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の痛みの有無と症状についてまとめます。

  1. 歯周病は痛くない :歯周病に痛みはないため、自身が歯周病であることに気付きにくい
  2. 初期段階の症状と治療 :歯肉が腫れて変色する。プラークや歯石の除去とプラークコントロールで治療
  3. 中期段階の症状と治療 :歯がグラつく。初期段階の治療に加え、必要に応じて手術も必要
  4. 重度段階の症状と治療 :歯が抜ける。治療不可となって抜歯しなければならないこともある
  5. 自覚症状の数々 :口臭、歯が長くなる、歯肉の変色や腫れ、歯がグラつくなど

これら5つのことから、歯周病の痛みの有無と症状について分かります。
歯周病を軽視する人が多いのは、虫歯のような痛みがないことが理由です。
しかし、ここで説明したとおり痛みがないのは自覚症状がないという点でむしろ厄介な特徴です。

また、いくら丁寧に歯磨きしたとしてもプラークの完全な除去は難しいでしょう。
このため、完全に予防するなら歯磨きだけでなく歯科医院で定期検診を受けるのが確実ですし、
定期検診を欠かさなければ自覚症状のない初期段階の歯周病の発見も容易です。

定期検診をご希望の方、歯周病でお悩みの方はこちらからお問い合わせください。

初診の方はこちらから

再診・ご相談の方はこちらから

求人のご案内

PAGE TOP