お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

歯周病はどうやって治すのでしょうか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「歯周病の治療方法」です。
虫歯の治療方法はほとんどの人が知っていますが、歯周病の治療方法は知らない人が意外に多いのです。

ちなみに、歯周病の治療方法は虫歯のそれとは全く異なり、歯を大きく削ることもありません。
そこで、実際に歯周病はどうやって治すのかを説明していきます。
進行の度合いによって治療方法が異なりますが、その点も含めてお話していきます。

1. 初期段階の歯周病治療

初期段階であれば、簡単な治療で治ります。基本は口の中を綺麗にすることで、
プラークや歯石を除去することによって歯周病菌を消し去ります。
それに加えて患者さん自身にも、自宅でプラークコントロールを行ってもらいます。
ちなみにプラークコントロールと言うのは、分かりやすく表現するとプラークを取り除くことです。

基本は歯磨きですが、より効果的にプラークコントロールを行えるよう、正しい歯磨きの方法も指導します。
さらにデンタルフロスや歯間ブラシを使い、口の中隅々まで綺麗にしてもらいます。
ちなみに、プラークを綺麗に除去できないとやがて歯石に変化してしまいますし、
歯石になってしまうといくら歯磨きしても除去できなくなります。

2. 中期段階の歯周病治療

初期段階同様にプラークや歯石の除去、さらにはプラークコントロールがメインになります。
ただし、状態次第ではこれに加えて歯肉を切開する歯周外科手術を行います。
中期段階になると顎の骨が溶け始めていますし、それだけ治療期間も長くなります。

早ければ3ヶ月ほどで治療を終えられますが、長いと完治まで1年近く掛かりますし、
初期段階に比べると治療内容も治療期間も大きなものになります。
ちなみに、中期段階の歯周病なら歯を残して治療することが可能です。

3. 重度段階の歯周病治療

やはりプラークや歯石の除去とプラークコントロールは行いますが、これだけで治すことは不可能です。
中期段階同様に歯周外科手術も行うものの、場合によっては歯が残せないこともあります。
その場合は抜歯するしかないですし、抜歯後は義歯や仮歯を被せて対処します。

治療期間も長く、一般例で言っても最低1年近く掛かりますし、それ以上掛かることもあります。
また、歯並びが問題となる場合は並行して矯正治療を行うことをおすすめします。
しっかりと口の中をチェックしていれば、この段階までに歯周病に気付くことは充分可能です。

4. 歯を失った後の対処

歯周病が重度の段階に到達すれば、いずれ歯は抜けてしまいます。
最も、あまりに酷い状態であれば抜歯が必要となり、歯を残せないことすらあるのです。
このように歯を失った場合、全く別の治療で対処します。

と言っても選択肢は限られており、方法としては入れ歯やインプラントです。
入れ歯は安くすむ分、利便性と耐久性は天然の歯に比べて大きく劣ります。
一方インプラントは天然の歯に近い感覚を取り戻せるものの、治療費が格段に高くなってしまいます。

5. 歯周病の予防方法

進行することで歯を失ってしまう歯周病、治療方法だけでなく予防方法を知ることも大切です。
そこで、歯周病の予防方法も簡単に説明しておきます。
基本となるのは毎日の歯磨きですが、それだけでは予防効果としては不充分です。

おすすめなのは歯科医院で定期検診を受けることです。
口の中をクリーニングすることでプラークや歯石を除去できますし、何より歯周病の早期発見も可能です。
実際に歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけてさえいれば、
仮に歯周病になってもここで説明した中期段階や重度段階に至ることはないでしょう。
また、タバコを吸わないだけでも歯周病になるリスクを大幅に減らすことができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の治療方法についてまとめます。

  1. 初期段階の歯周病治療 :プラークや歯石の除去に加え、患者さんによるプラークコントロールを指導
  2. 中期段階の歯周病治療 :初期段階の治療内容に加え、必要であれば歯周外科手術を行う
  3. 重度段階の歯周病治療 :初期段階の治療内容に加えて歯周外科手術も行うが、歯が残せないこともある
  4. 歯を失った後の対処 :入れ歯やインプラントなどで対処。それぞれ全く特徴が違うので注意すること
  5. 歯周病の予防方法 :毎日の歯磨きだけでなく、歯科医院で定期検診を受けるのがおすすめ

これら5つのことから、歯周病の治療方法が分かります。
段階ごとの治療内容から分かるとおり、例え歯周病になっても初期段階なら簡単に治療できます。
しかし、歯周病は虫歯のような痛みがないため、自覚症状が少なく気付きにくいという問題があるのです。

つまり、自分が歯周病であることに気付けず、気付いた時には重症化しているケースが多いのです。
この事態を防ぐためには、予防方法で説明したように歯科医院で定期検診を受けることです。
定期検診を受けていれば歯科医が口の中をチェックするため、初期段階で発見することも容易です。

お問合わせについて

記事の内容や最新の予約状況、聞いてみたいこと等がございましたら、お気軽にご連絡ください!

診療時間や電話番号を確認する

求人のご案内

PAGE TOP