お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

歯周病はどのように予防するのでしょうか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「歯周病はどうやって予防するのか」です。
日本人の成人のおよそ7割が歯周病と言われていることから、歯周病の予防がいかに難しいか分かります。

とは言え、歯周病は進行すると歯を失ってしまう怖い病気です。
そこで、歯周病の予防方法を説明していきます。10代や20代でも歯周病にはなり得るため、
若い人も他人事だと思わず予防方法を覚え、しっかりと歯周病を予防してください。

1. 歯周病の要因

歯周病は歯周病菌という細菌の感染によって引き起こされる病気です。
そして肝心の歯周病菌はプラークや歯石に潜んでおり、この点においては虫歯菌と同じです。
また、細菌の感染によって引き起こされることから人から歯周病菌をもらってしまうこともあります。
つまり風邪と同様に人にうつる可能性があり、正確には唾液を介して歯周病菌がうつります。

さらに歯周病は生活習慣病としての一面も持っており、日常生活の過ごし方も影響してきます。
日常生活が原因で直接歯周病になることはないものの、感染のリスクを高めることはあり得ます。
プラークや歯石の除去と人からの感染と生活習慣の見直し、これらに対処することが歯周病予防になるのです。では、以下の項目で具体的な予防方法を挙げていきます。

2. 歯磨き

効果的と言うよりは基本的な予防方法です。ただし、ただ磨けばいいというわけではありません。
歯磨きによってプラークを除去できなければ意味がないですし、プラークは目に見えない特徴を持っています。
食べカスをプラークと思っている人がいますが、実はそれは間違いなのです。
歯の表面に触れるとヌルヌルした感触がありますが、この歯に付着した透明なヌルヌルがプラークです。

歯磨きした後に同じように歯に触れるとツルツルした感触に変わりますが、
これは歯磨きによってプラークを除去したからです。
口の中のプラークを全て除去するだけの丁寧な歯磨きをしてこそ、はじめて歯周病の予防になるのです。
1日1回は時間を掛けて丁寧に歯磨きする、そんな意識を持ってこそ歯磨きの効果が得られます。

3. 生活習慣を見直す

疲労、ストレス、喫煙などは歯周病に関係してきます。これらが直接の要因になるわけではないですが、
歯周病になりやすい体質になってしまうのは事実です。と言うのも歯周病は細菌によって感染する病気なので、風邪と同じで身体の抵抗力や免疫力が高いかどうかが歯周病のなりやすさに影響してくるのです。
疲労やストレスが蓄積されれば身体の抵抗力と免疫力が落ち、病気になりやすい体質になってしまいます。

そして、歯周病もその病気の中に含まれるというわけです。また、喫煙者と非喫煙者を比較した場合、
喫煙者が歯周病になるリスクは非喫煙者に比べて数倍高いデータが挙がっています。
さらに歯周病が悪化するリスクも喫煙者の方が圧倒的に高くなっているのです。
このため、生活習慣を見直して身体の抵抗力や免疫力を高めることも歯周病予防になるのです。

4. 歯科医院で定期検診を受ける

歯周病予防を徹底するなら歯科医院での定期検診は欠かせません。
そもそも歯磨きでプラークを全て除去することはまず不可能ですし、
残ったプラークは時間が経つことで石灰化して歯石へと変化します。
そして、歯石はいくら歯磨きしても除去することができないのです。

一方、歯科医院で定期検診を受ければ口の中をクリーニングして歯石を除去することが可能です。
もちろんプラークも綺麗に除去できますし、正しい歯磨きの方法を指導してもらうこともできます。
また、口の中の状態をチェックすることで予防だけでなく、もし歯周病になってしまった時でも安心です。
自身で気付かないほどの初期段階の歯周病も、定期検診を受けていれば容易に発見できるからです。

5. 人からの感染を予防するには

歯周病菌は唾液を介して人にうつります。正確には歯周病自体がそのままうつるわけではなく、
歯周病を引き起こす根源である歯周病菌がうつることになります。
これを予防には、軽率に唾液を交える行為をしないことです。

例えば食器の共用や密着した状態で歯磨きを並べる、こういったことは避けた方がいいでしょう。
また、家族や恋人と一緒に歯周病予防を徹底することも大切です。
いくら唾液を交える行為を止めると言っても、歯周病対策だけのためにキスを止めるカップルはいません。
それよりも、キスしても問題ないようにお互いが定期検診を受けるなどして徹底予防するべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病はどうやって予防するのかについてまとめます。

  1. 歯周病の要因 :プラークや歯石の中にある歯周病菌によって引き起こされる。人からうつることもある
  2. 歯磨き :プラークを除去できなければ意味がない。1日1回は時間を掛けて丁寧に歯磨きするべき
  3. 生活習慣を見直す :疲労やストレスや喫煙は歯周病になるリスクを高め、既になった歯周病の悪化も招く
  4. 歯科医院で定期検診を受ける :プラークや歯石を除去できる上、初期段階の歯周病も発見できる
  5. 人からの感染を予防するには :唾液を介して歯周病がうつるため、食器の共用などを軽率に行わない

これら5つのことから、歯周病はどうやって予防するのかが分かります。
歯周病を予防するには、いくつかの予防方法を組み合わすことが大切です。
このため、今回紹介した方法の中からどれかを選んで実践するのではなく、
全て実践してこそ歯周病予防の効果が得られるのです。

求人のご案内

PAGE TOP