お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

噛み合わせが悪いと、どのような悪影響があるのでしょうか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

噛み合わせが悪いと、どのような悪影響があるのでしょうか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響」です。
噛み合わせが悪いというのは実は深刻な問題で、できるだけ早く改善するべきです。

確かに、噛み合わせの悪さというのは虫歯や歯周病のような…いわゆるお口の病気ではありません。
しかし、噛み合わせが悪いことで様々な悪影響があることもまた事実です。
ここでお伝えするのは、そんな噛み合わせの悪さによって起こる影響についてです。

1. 虫歯や歯周病になりやすい

噛み合わせが悪い人は、そうでない人に比べて虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。
さて、噛み合わせの悪さがなぜ虫歯や歯周病に繋がるのか、その理由は2つあります。
まず1つ目は、プラークの自然な除去が見込みにくくなることです。

私達がものを噛む際、本来歯と歯があたることでプラークがこぼれ落ちてくれます。
しかし、噛み合わせが悪いと噛んでもあたらない歯が出てくるため、
このように自然にプラークがこぼれ落ちる機会が少なくなるのです。

2つ目の理由は、噛み合わせが悪い人の多くは歯並びも悪いという点にあります。
歯並びが悪いことで歯磨きがしづらくなるため、その影響で歯磨きの精度が落ちてしまうのです。
自然にプラークが落ちない、歯磨きの精度が落ちる…これらはどちらもプラークの蓄積を招きます。
このため、歯並びが良い人に比べて虫歯や歯周病を招きやすくなるのです。

2. 治療の精度が落ちる

上記と関係する問題がこれです。噛み合わせが悪い人は歯並びが悪いことも多いとお伝えしましたが、
歯並びの悪さは歯科治療の精密さにも影響してきます。歯並びが悪いとうまく歯磨きできないように、
歯並びが悪いと歯科医側も歯の状態が見えにくくなるため、治療の精度が落ちてしまうのです。
例えば、歯科医院で定期検診を受けると歯科医がお口の中のチェックを行います。

本来ここで初期段階の虫歯に気付くことも可能ですが、
歯並びが悪くて歯の状態が見えにくいことでそれを見逃してしまうこともあり得るのです。
また、歯並びが悪いと治療の精度が落ちるだけでなく治療そのものも難しくなるため、
治療時に歯が割れてしまう、神経に近づきすぎて痛みを引き起こしてしまうなどの事故も招きやすくなります。

3. 肩こりや頭痛などの体調不良を招く

噛み合わせの悪さはお口の中だけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼします。
その典型的な例となるのが肩こりや頭痛で、これらについて説明しておきます。
噛む筋肉の中には首から肩にかけて繋がった広頸筋というものがあります。

噛み合わせが悪いと筋肉のバランスが悪くなりますが、その影響を大きく受けるのがこの広頸筋なのです。
「首から肩にかけて繋がっている」という点から想像できるとおり、
噛み合わせの悪さによって影響を受けた広頸筋によって、肩が凝りやすくなってしまうのです。

また、頭痛を招くのも同じような理由です。噛む筋肉の一つに側頭筋というものがあるのですが、
この側頭筋は顎の関節から頭の横あたりにかけて繋がっているのです。
噛み合わせの悪いことで側頭筋は緊張を起こし、それが頭痛を招いてしまうのです。

4. 顎関節症になりやすい

誤解のないよう最初に言っておくと、顎関節症は噛み合わせが悪い人だけに起こる病気ではありません。
しかし、噛み合わせの悪い人は顎関節症になるリスクが高い、さらに悪化しやすいという傾向があるのです。
その理由は簡単で、噛み合わせの悪さは顎関節に大きな負担を掛けることになるからです。

ちなみに、顎関節症が悪化してしまうとどうなるかですが、まず顎に痛みを感じるようになります。
さらに口をスムーズに開けなくなりますし、全身のバランスが崩れることで姿勢にも影響してきます。
その結果、腰への負担が増えて腰痛になってしまうというケースもあるのです。

5. 胃腸の負担が増える

噛み合わせが悪いと食べ物を噛みにくくなるため、噛む効率が悪くなってしまいます。
本来なら食べ物は細かく噛み砕かれて胃の中に送られますが、
それができなくなることで胃腸などの消化器官の負担が大きくなってしまうのです。

その結果胃腸の調子が悪くなってしまいますし、
噛み合わせの悪さが原因である以上、それを改善しない限り慢性的に症状が起こります。
また、歯並びが悪い場合もうまく噛めなくなるため、同じことが起こり得ます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響についてまとめます。

  1. 虫歯や歯周病になりやすい :プラークが自然に落ちにくく、歯並びが悪い場合は歯磨きしにくくなる
  2. 治療の精度が落ちる :歯並びが悪いと治療の難易度が高くなり、見えにくいことで症状を見逃してしまう
  3. 肩こりや頭痛などの体調不良を招く :噛む時の筋肉の影響で、肩こりや頭痛などの体調不良を招く
  4. 顎関節症になりやすい :噛み合わせが悪い人ほど顎関節症になりやすく、さらに悪化しやすい
  5. 胃腸の負担が増える :食べ物を細かく噛み砕けないため、消化器官の負担が大きくなる

これら5つのことから、噛み合わせの悪さが及ぼす悪影響が分かります。
一見歯とは無関係に思える症状を引き起こす、これが最も怖いところです。
例えば頭痛に悩まされて病院に行ったとして、診察した医師が歯を確認するとは思えません。

胃腸の調子が悪いといって、噛み合わせをチェックする医師がいるとは思えません。
そうなると原因不明という結論に至ってしまい、一向に症状が改善されなくなるのです。
つまり噛み合わせを改善することは、身体の健康そのものを守ることにもなるのです。

求人のご案内

PAGE TOP