お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

下の親知らずが痛くて困っています。どうすれば良いでしょうか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

提携技工所のご紹介

下の親知らずが痛くて困っています。どうすれば良いでしょうか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「下の親知らずが痛む時の対処方法」です。
親知らずの痛みは虫歯以上に辛く感じることがあります。

それでも歯科医院に行かない人が多いのは、抜歯の可能性を考えてしまうからでしょう。
特に下の親知らずを抜くのは怖さもありますし、避けられるなら抜歯を避けたいと思うのが当然の心理です。
しかし痛みを放置するわけにはいかないため、この場合どうすれば良いのかを説明していきます。

歯科医院に行く

結論から言うと、下の親知らずが痛む時にはすぐ歯科医院に行くべきです。
確かに抜歯する可能性がありますが、逆に抜歯しなくてすむ可能性もあり、
その判断基準となるのは親知らずがどんな方向に生えていてどんな症状をもたらしているのかです。

最も、患者さんの許可なしに無理やり抜歯する歯科医はいないでしょうから、
頑なに抜歯を拒否してしまえば歯科医院に行っても抜歯することはないでしょう。
しかしそれでは問題の解決にはならず、いずれまた同じ痛みが起きてしまいます。

下の親知らずの抜歯の痛み

抜歯をすると仮定して、誰もが気になるのは抜歯の痛みです。
これについて1つアドバイスを送ると、親知らずの抜歯そのものはそれほど痛くありません。
麻酔を使用するのは当然と言えば当然ですが、痛みよりも感じるのはむしろ恐怖なのではないでしょうか。

さて、下の親知らずが痛んでなおかつ抜歯を恐れる人は、
歯科医院に行ったらどんな治療をすることになるのかをインターネットで調べたかもしれません。
しかし、下の親知らずの抜歯をインターネットで調べるのは恐怖をより大きくさせてしまいます。

と言うのも、抜歯について調べればその詳細が記載されているでしょうし、
そこには「メスで歯肉を切開する」などの行為が説明されているからです。
こうした情報収集をすることなく、素直に歯科医院に行けば恐怖も痛みもそれほど大きくはありません。

抜歯後の痛みの対策

下の親知らずを抜歯する場合、痛みを感じるのは抜歯の時よりも抜歯後です。
なぜなら抜歯の痛みは麻酔によって軽減されますが、麻酔が切れた後は痛みを感じてしまうからです。
そこで、抜歯後の痛みの対策について紹介しておきます。

基本は痛み止めを飲むことですが、これは麻酔が切れる前に飲んでおくことをおすすめします。
そうすれば、麻酔が切れた後も痛み止めの効果によって痛みを感じなくなるあらです。
また、アルコールや喫煙は痛みが増す要因になりますし、長い入浴も同様に痛みが増すので控えましょう。

痛み止めが切れた後の対処の基本は冷やすことですが、冷やすのは抜歯後から24時間と意識してください。
と言うのも、それ以降のタイミングで冷やしてしまうと血液の循環が悪くなってしまうため、
抜歯の傷が癒えるのが遅くなってしまうからです。

すぐ歯科医院に行けない場合の応急処置

下の親知らずが痛んだ時、そのタイミングによってはすぐに歯科医院に行けないこともあるでしょう。
そんな場合は以下で紹介する応急処置を行って、一時的に痛みを抑えてください。

痛み止めを飲む

市販のものでも効果があります。ただし痛み止めには即効性がないため、
効果があらわれるまでには一定時間の経過が必要です。

ぬるま湯でうがいをする

下の親知らずが痛む時、患部が膿みや出血によって細菌にまみれている可能性があります。
このためうがいでお口をゆすぐと良いですし、刺激にならないようにうがい時はぬるま湯で行いましょう。

冷やす

下の親知らずの痛みにかかわらず、歯の痛みに効果なのは冷やすことです。
氷をくるんだタオルや解熱シートを貼るなどして、頬側から冷やすようにしてください。

…こうした対処で一時的に痛みは治まりますが、これらはあくまで応急処置であって治療効果はありません。
このため、例え痛みが治まったとしてもその後は必ず歯科医院に行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、下の親知らずが痛む時の対処方法についてまとめます。

1. 歯科医院に行く :対処としては歯科医院に行くのが鉄則。抜歯が必要かどうかはこの場で断言できない
2. 下の親知らずの抜歯の痛み :抜歯そのものは麻酔で痛みを感じにくく、むしろ恐怖の方が強い
3. 抜歯後の痛みの対策 :痛み止めを飲む、抜歯後24時間以内なら冷やす、アルコールや喫煙を控える
4. すぐ歯科医院に行けない場合の応急処置 :痛み止めを飲む、ぬるま湯でうがいをする、頬側から冷やす、

これら4つのことから、下の親知らずが痛む時の対処方法が分かります。
実際には特別な対処方法はなく、マニュアルどおり歯科医院に行くのが最良の対処方法になります。
確かに抜歯の可能性はありますが、それが嫌で放置してしまえばさらに深刻な問題を招くこともあるのです。

虫歯や智歯周囲炎(親知らず付近に発症する一種の歯周病)になっている可能性もありますし、
親知らずの生える向きによっては神経が圧迫されていることもあります。
こうした事態が起こっている可能性も視野に入れ、少しでも早く歯科医院に行かなければなりません。

下の親知らずが痛む、ご不安があるかたはこちらからお問い合わせください。

初診の方はこちらから

再診・ご相談の方はこちらから

求人のご案内

PAGE TOP