お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

小児歯科で虫歯予防できると聞きましたが、具体的にどんなことをするのですか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

提携技工所のご紹介

小児歯科で虫歯予防できると聞きましたが、具体的にどんなことをするのですか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「小児歯科でできる子供の虫歯予防」です。
歯科医院に行く時、ほとんどの人は何らかの症状が起こってそれを治す目的で行きます。

もちろんそれは大切ですが、歯科医院に行く目的はもう1つあります。
それは症状を治すためではなく、症状を予防する目的…すなわち予防治療のために行くことです。
特に子供の場合は虫歯になりやすいため、こうした予防のための通院が大切になってきます。

乳歯の大切さ

小児歯科の虫歯予防について、中には必要ないのではないかと考える人がいます。
そしてその理由として多いのが、「乳歯は永久歯に生え変わるため、虫歯になっても平気」というものです。
これは大きな間違いで、乳歯が虫歯になることで永久歯にも悪影響を及ぼすのです。

なぜなら、乳歯が生えている時点でも既に永久歯は作られており、
乳歯の虫歯が奥まで進行することで虫歯の原因菌が永久歯の眠る位置まで到達してしまうからです。
また、乳歯が虫歯になって抜けてしまえば、その後に生えてくる永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。

このため将来健康な永久歯を手に入れるためには、
乳歯の時から虫歯予防を徹底しなければならず、そのためには小児歯科に通うことが大切です。

小児歯科の予防治療

小児歯科では子供の虫歯のため、以下の予防治療を行っています。

・フッ素塗布
フッ素は虫歯の原因菌が出す酸に溶けない、丈夫で強い歯を作ります。
このフッ素の効果は既に周知の事実になっているため、現在ほとんどの歯磨き粉に含まれています。
しかし、小児歯科で塗布するフッ素はそれよりさらに濃度が高く、虫歯予防により効果的です。

・シーラント
これについては聞き覚えがないという人も多いと思います。
シーラントは虫歯の起こりやすい奥歯の溝を専用のプラスチックで一時的に埋める治療です。
これによって細菌が侵入できなくなり、その箇所から虫歯が起こりにくくなります。

・ブラッシング指導
言い換えれば「正しい歯の磨き方のレッスン」です。
子供の場合はブラッシングの技術が低く、そもそもどう磨けば良いのか分からないという子がほとんどです。
そこで歯科医が正しい歯の磨き方を指導し、さらに親御さんに向けても正しい仕上げの仕方を教えます。

・クセの解消に向けたアドバイス
子供には子供ならではのクセがいくつかあり、その中には歯の健康を害してしまうクセもあります。
一般的な例で言えば「指しゃぶり」、これは歯並びや噛み合わせ、顎の骨の形に悪影響を及ぼします。
こうした悪いクセに対する抑制方法を親御さんに指導します。

自宅でできる子供の虫歯予防

小児歯科で予防治療を受けると言っても、それだけで子供の虫歯は予防できません。
子供の歯を守るため、親御さんが毎日の生活の中で以下のことを実践してあげなければなりません。

・親の虫歯予防の徹底
虫歯は虫歯の原因菌に感染して起こる…すなわち細菌による感染症です。
このため、唾液を介して親から子に虫歯の原因菌がうつってしまうことがあります。
親御さんも虫歯予防を徹底し、子供に虫歯の原因菌をうつさない配慮をしてあげましょう。

・子供の歯磨き時の注意点
まず寝る前は必ず歯磨きをするようにしましょう。これは、睡眠中は虫歯のリスクが高まってしまうためです。
また、歯磨き粉はフッ素が配合されたものを使用してください。
そして歯磨きは子供だけに任せるのではなく、最後は親御さんがきちんと仕上げをしてあげましょう。

・ダラダラとおやつを食べさせない
ダラダラ食べると歯の再石灰化が効率良く行われず、虫歯のリスクを高めてしまいます。
また、糖類の過剰な摂取も虫歯の原因菌の働きを活発にさせてしまいます。
おやつはしっかりと時間を決めて食べるようにして、さらにおやつの糖分にも注意してください。

小児歯科の対象年齢

小児歯科について質問が多いのが、実際に通う子供の対象年齢についてです。
これに関して回答すると、小児歯科に対する明確な年齢制限はなく、
中には「15歳まで」などと告知をしている歯科医院もありますが、そのような決まりはありません。

ちなみに、子供は小児歯科に行った方が良いとされるのは、歯や顎の骨の成長を考慮してのことです。
そう考えると、乳歯が生え始める年齢から永久歯が生えそろう中学生までが対象と考えれば良いでしょう。
しかし、前述したように年齢制限はないため、16歳や17歳でも小児歯科で治療を受けることができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児歯科でできる子供の虫歯予防についてまとめます。

1. 乳歯の大切さ :乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすくなる上、歯並びにも悪影響を及ぼす
2. 小児歯科の予防治療 :フッ素塗布、シーラント、ブラッシング指導、クセを解消するアドバイスなど
3. 自宅でできる子供の虫歯予防 :親の虫歯予防の徹底、子供の歯磨き時の注意など
4. 小児歯科の対象年齢 :明確な年齢制限はない。一般的には永久歯が生えそろう中学生くらいまで

これら4つのことから、小児歯科でできる子供の虫歯予防について分かります。
子供は大人よりも虫歯になりやすく、乳歯の状態ならそれは尚更です。
さらに虫歯を自覚することも難しいため、親御さんが虫歯予防に配慮してあげなければなりません。
そしてそのためには、小児歯科で定期的に予防治療を受けさせてあげましょう。

求人のご案内

PAGE TOP