お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

虫歯予防のために小児歯科に通いたいです。何歳くらいから通えばいいですか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

虫歯予防のために小児歯科に通いたいです。何歳くらいから通えばいいですか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「小児歯科に通い始める年齢について」です。
小児歯科は子供の虫歯を治療するためだけでなく、予防するために通うこともできます。

特に乳歯は虫歯になりやすいため、子供の虫歯を予防するには小児歯科に通うことが欠かせません。
最も、この点については小さなお子様のいる親御さんも重々承知していますが、
悩みとしてよく聞くのが通う年齢…つまり子供は何歳から小児歯科に通うべきなのかという点です。

はじめての小児歯科

子供は生後6ヶ月くらいになると乳歯が生え始めてきます。
そして、1歳半から3歳くらいまでの間に全ての乳歯が生えそろいます。
このため、乳歯がある程度生えそろっている1歳半健診では歯科医に歯の状態を診てもらいます。

この時、地域によってはフッ素塗布を行いますが、
行わない場合は子供を小児歯科に連れて行ってそこでフッ素塗布を行ってもらわなければなりません。
そして、それをきっかけに小児歯科に通うケースが一般的には多く見られます。

子供を小児歯科に連れていくことの不安

親御さんはまだ小さなお子様を小児歯科に連れていくのは不安だと思います。
しかし小児歯科は子供のための歯科医院ですから、小さな子供でも安心して通える工夫がなされています。

•トイレの問題
多くの小児歯科では授乳室やオムツ替えの設備が整っているため、
子供のトイレの問題を気にすることなく通うことができます。
最も、全ての小児歯科でこうした設備が整っているとは限らないため、
事前に連絡して確認すると良いでしょう。

•歯科医院を怖がる問題
確かに、子供にとって歯科医院は病院の中でも特に怖がられることが多いです。
しかし小児歯科では子供が恐怖を感じないよう、院内の作りにもこだわっています。
充実したキッズスペースや治療後のガチャガチャのおまけなど、
小児歯科ごとで子供が楽しいと感じられるような工夫を採用しています。

•治療内容に対する不安
親御さんとしては、お子様がどんな治療を受けているか不安だと思います。
このため、多くの小児歯科ではお子様が治療を受けている姿を待合室から見える作りになっています。
また、歯科医から何らかの指導やアドバイスがある場合は当然親御さんも呼んだ上でお話しをしますし、
「何の治療をしているのか分からない」という不安を感じることはありません。

…小児歯科は子供にとって良い意味で歯科医院らしくない歯科医院です。
大人が想像する歯科医院と異なり、子供が安心できる環境や設備が整っています。
またスタッフも子供への対応に慣れているため、子供の歯医者嫌いを治すこともできるでしょう。

虫歯予防の治療メニュー

そもそも小児歯科に限らず、予防治療についてあまり知らないという人も多いと思います。
特に、今まで歯科医院は「症状を治すための治療をする」と考えていた人は、
「症状を予防するための治療」がどんな治療なのかがイメージしにくいでしょう。
そこでお伝えすると、小児歯科では子供の虫歯予防のために以下の治療メニューを導入しています。

•フッ素塗布
フッ素の効果によって、虫歯菌の出す酸に溶かされない強くて丈夫な歯を作ります。
フッ素は既に市販の歯磨き粉の成分としても使用されていますが、
歯科医院で塗布するフッ素はそれよりも濃度が高いため、虫歯予防の効果がより高くなっています。

•シーラント
子供にとって歯磨きしづらいのが、歯ブラシが届きにくい奥歯です。
また奥歯には溝があるため、磨き残しも多くなりがちで虫歯が起こりやすい箇所です。
シーラントは専用のプラスチックで奥歯の溝を覆い、細菌が入り込まないようにする治療です。

•歯磨き指導
正しい歯の磨き方を子供に学んでもらうための指導を行います。
また、親御さんには正しい仕上げの方法の指導の行うため、
覚えることで毎日の歯磨きの精度が高まりますし、子供が歯磨きの大切さを知るきっかけにもなります。

小児歯科は何歳まで通えるのか

小児歯科の場合、今回のテーマのように通い始める年齢に悩む人が多いですが、
同じように多いのが何歳まで通えるのかという悩みです。
これについてお答えすると、小児歯科に明確な年齢制限はありません。

ただし、一般的には「乳歯が生え始める年齢から永久歯が生えそろう年齢までが対象」とされているため、
永久歯が生えそろう年齢を考えると中学生くらいまでと捉えておけて良いでしょう。

歯科医院によっては「15歳まで」と告知しているところもありますが、
実際には成人になっていないという点で18歳でも小児歯科で治療を受けることができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児歯科に通い始める年齢についてまとめます。

1. はじめての小児歯科 :一般的には1歳半健診でのフッ素塗布をきっかけに通い始める人が多い
2. 子供を小児歯科に連れていくことの不安 :キッズスペースやオムツ替えなどの設備が充実していて安心
3. 虫歯予防の治療メニュー :フッ素塗布、シーラント、歯磨き指導など
4. 小児歯科は何歳まで通えるのか :一般的には永久歯が生えそろう中学生くらいまでと捉えると良い

これら4つのことから、小児歯科に通い始める年齢について分かります。
通い始めの目安としては、子供の1歳半健診を参考にすると良いでしょう。
乳歯は虫歯になりやすいため、歯磨きだけで虫歯を予防するのは困難です。
小児歯科で予防治療を受け、将来健康な永久歯が生えてくるようしっかりと虫歯予防してあげてください。

お子様の歯の予防について問い合わせがしたい、ご予約がされたい方はこちらからお問い合わせください。

初診の方はこちらから

再診・ご相談の方はこちらから

求人のご案内

PAGE TOP