お問い合わせはこちらまで
       
お問い合わせはこちらまで
       

ご予約・お問い合わせ(一般・矯正診療)

       
お問い合わせはこちらまで

028-683-6701

求人情報

歯科でもセカンドオピニオンは大切ですか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701

お電話でご予約

028❘683❘6701

お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

提携技工所のご紹介

米国ペンシルバニア大学

PENデンタルメディスン

PSCJ

ECJ

宇都宮記念病院

自治医科大学附属病院

獨協医科大学病院

栃木医療センター

歯科でもセカンドオピニオンは大切ですか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「歯科におけるセカンドオピニオンの重要性」です。
セカンドオピニオンを直訳すると「第2の意見」となり、
今治療を受けている医師とは別の医師に意見を求めることを意味します。

大きな病気の発見や治療方針についてこのセカンドオピニオンを利用する人は多く、
その結果病気の早期発見や治療効果が高まるプラス効果が期待できます。
さて、このセカンドオピニオンは実は歯科においても利用することができます。
とは言え、口腔内の病気においてセカンドオピニオンは大切なのでしょうか。

セカンドオピニオンの必要性

セカンドオピニオンのメリットは、複数の歯科医の意見を聞けることです。
歯科には様々な分野がありますが、その得意分野は歯科医によって異なる上、経験や知識も差があります。
このため、同じ症状だとしても歯科医によって全く別の治療方法を提案することがあるのです。

例えば、歯を失った患者さんがその対処方法となる治療を相談したとします。
一般歯科の歯科医の場合、こうした患者さんに対しては保険診療となる入れ歯を提案するでしょう。
入れ歯は費用が安いですし、治療方法としても難易度が高くないお手軽な治療方法だからです。

しかし、インプラント治療の経験と技術に長けた専門医に同じ悩みを相談した場合、
その専門医はインプラント治療を提案するでしょう。さらに入れ歯治療に長けた歯科医であれば、
入れ歯の中でも高品質である、保険適用外のオーダーメイドの入れ歯を提案するかもしれません。

このように、「歯を失った時の対処方法」の相談を例にしても、別の歯科医に相談することにより、
結果的に「保険の入れ歯」、「インプラント」、「オーダーメイドの入れ歯」の3パターンの治療方法が生まれます。
つまりセカンドオピニオンは治療方法の幅を広げ、よりベストな治療方法を探す上で大変効果的なのです。

セカンドオピニオンがおすすめのケース

最初に言っておくと、セカンドオピニオンの利用において明確な基準はありません。
このため、例え1本の虫歯治療であったとしてもその気になればセカンドオピニオンを利用できます。

しかし実際にはそのようなケースはほとんどなく、
セカンドオピニオンを利用するのは保険適用外の治療であるケースがほとんどです。

と言うのも、虫歯治療のように健康保険が適用される治療においては、
全国一律で治療方法や治療費がほぼ決められているからです。
このため、セカンドオピニオンを利用しても歯科医院ごとでの違いはあまりないのです。

一方、保険適用外の治療は全く逆です。歯科医によって治療方法や治療方針、
さらに治療費も大きく異なるため、セカンドオピニオンを利用する価値があるのです。

•インプラント治療
•セラミック治療
•矯正治療

…これらの治療はいずれも治療費が高く、特にインプラント治療と矯正治療は治療の難易度も高いです。
このため、セカンドオピニオンを利用して複数の歯科医に相談し、
少しでも安く、また少しでも質の高い治療を受けることが患者さんの満足度につながります。

セカンドオピニオンの注意点

セカンドオピニオンの利用は自分にベストな治療方法を探せる点ではプラスですが、
間違った選択をしてしまうと逆にマイナス効果をもたらしてしまうので注意が必要です。
ありがちなケースは、「自分にベストな治療方法=自分の思いどおりの治療方法」と認識してしまうことです。

例えば、ある歯科医に抜歯をすすめられ、それが嫌でセカンドオピニオンを利用したとします。
この時、患者さんは抜歯しなくても治療できる歯科医を探すことだけが目的となるでしょう。

その結果、抜歯しなくても治療できる歯科医と出会えたら、患者さんは当然その歯科医の治療を希望します。
ここで問題なのは、医学的に考えてその歯は抜歯すべきというケースです。
この場合、抜歯すべき歯を抜歯しないことで結果的に治療の精度が落ちてしまうのです。

確かに、歯科医が患者さんの希望を考慮することは大切です。
しかし患者さんは医学知識を持っていないわけですから、
患者さんの望む治療が医学的に間違いであるなら、それを告げることも良い歯科医として大切なことです。

一方患者さんはこうした事態にならないよう、一方的に特定の治療方法だけを望むのではなく、
複数の治療を聞き入れてそれぞれのメリットとデメリットをしっかりと把握することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セカンドオピニオンの重要性についてまとめます。

1. セカンドオピニオンの必要性 :治療の幅が広がり、自分にとってベストな治療方法を探せるメリットがある
2. セカンドオピニオンがおすすめのケース :歯科医院によって治療方法や費用が異なる保険適用外の治療
3. セカンドオピニオンの注意点 :自分の思いどおりの治療を求めているとマイナス効果をもたらしてしまう

これら3つのことから、セカンドオピニオンの重要性について分かります。
このように、歯科においてもセカンドオピニオンを利用することには大きなメリットがあります。
それは治療の幅を広げ、その中で自分に最も合う治療方法と出会えることです。
特に、保険適用外の治療は費用も高額で難易度の高い治療も多いため、歯科医院選びが重要になります。
その点ではセカンドオピニオンの利用は大変有効で、治療の満足度を高めることにつながります。

当院でのセカンドオピニオンをお考えの方はこちらからお問い合わせください。

初診の方はこちらから

再診・ご相談の方はこちらから

提携技工所のご紹介

米国ペンシルバニア大学

PENデンタルメディスン

PSCJ

ECJ

宇都宮記念病院

自治医科大学附属病院

獨協医科大学病院

栃木医療センター

PAGE TOP