お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

歯が痛む時の対処方法を教えてください|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

提携技工所のご紹介

歯が痛む時の対処方法を教えてください

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「歯が痛む時の対処方法」です。
歯の痛みは急にやってくるもので、一度痛み出すと我慢できないほどの辛さですよね。

そんな時の対処方法の第一は歯科医院に行くことですが、
歯が痛み出した時の時間や場所によっては歯科医院に行けないこともあるでしょう。
そこで、歯の痛みを抑えるための応急処置の方法を紹介します。

痛め止めを飲む

歯の痛みは痛み止めを飲むことで抑えることができます。
歯科医院で処方されたものはもちろん、市販のものでも構いません。
効果のある症状の欄に注目し、「歯痛」と表記された痛み止めならどれでも効果があります。

ただ飲むだけですし、痛み止めさえ持っていれば外出先でも対処できる手軽さがメリットです。
その一方で、痛み止めは薬ですから即効性はありません。
効果が出る…すなわち痛みが治まるまでにある程度時間が掛かってしまうのがデメリットです。

冷やす

歯の痛みに対しては「冷やす」か「温める」で迷う人がいます。
冷やすは一見刺激があって余計にしみてしまうイメージがありますが、実は「冷やす」が正解です。
温めると血行が良くなってしまうため、その影響で余計に痛みが増してしまいます。

ただし冷やし方にはコツがあり、濡れタオルや解熱シートで頬側から冷やすことです。
なぜなら、氷や冷水で直接冷やすのは患部にとって強い刺激となってしまうからです。
このため冷やしすぎはNGで、直接ではなく頬側からやんわりと冷やすイメージを持ちましょう。

正露丸を詰める

薬を使用する点では痛み止めと全く同じですが、
別に紹介したのは正露丸の場合は使用方法が少々特殊だからです。
正露丸は腹痛に効果があるので有名ですが、その際は「飲む」が正しい使用方法です。

一方歯の痛みの場合、「飲む」ではなく「患部に詰める」が正しい使用方法になります。
患部に押し込めば粘土状の正露丸を詰めることができるので、そうやって詰めた状態にしておきましょう。
歯に正露丸が引っ掛かっている感じの違和感がありますが、歯の痛み自体は痛み止めよりも早く治まります。

ぬるま湯でうがいをする

歯の痛みの原因はいくつか考えられますが、
ぬるま湯でのうがいは食べカスが詰まっている場合などに特に効果的です。
この場合、食べカスを除去するなら歯磨きした方が良いと思うかもしれません。

しかし歯が痛む場合、患部をゴシゴシ磨くのは強い刺激となってしまうので禁物です。
ちなみに強い刺激という意味では、強く勢いのあるうがいや冷水でのうがいも同様に禁物です。
患部に刺激とならない温度のぬるま湯で、丁寧に何度も繰り返しのうがいをしましょう。

やってしまいがちな間違った対処方法

歯の痛みを抑える方法は上記の4つですが、ここで間違った対処方法についても説明しておきます。
一見正しい対処方法に思えつつも実は逆効果…そんな誰もが間違えてしまいがちな対処方法です。

・お風呂に入る
痛みを紛らわそうと入浴して気分を落ち着けたい…そう考える人もいます。
しかし入浴は血行が良くなるため、血流で神経が圧迫されて余計に痛みが増してしまいます。

・タバコを吸う
タバコを吸って痛みが治まると思う人はいないでしょうが、気分を落ち着ける目的で吸う人がいます。
しかしタバコは刺激物ですから痛みが増しますし、そもそもタバコ自体が口腔内の健康において有害です。

・身体を動かす
じっとしているよりも身体を動かした方が歯の痛みを忘れられそうなイメージがあります。
しかし身体を動かすのはイコール運動であり、運動は血行が良くなるためやはり痛みが増してしまいます。

・患部に触れる
歯が痛む時、気になって患部となる歯をガリガリと引っかく人がいます。
気になるのは分かりますが、患部に触れることで細菌が付着するなどの問題が起こります。

・お酒を飲む
痛みを紛らわす目的でやってしまいがちな行為です。アルコールの効果で一時的に痛みが治まりますが、
お酒を飲むと血行が良くなるので結果的に痛みが増してしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛む時の対処方法についてまとめます。

1. 痛み止めを飲む :市販のものでも構わない。手軽な方法だが効果が出るまでに時間が掛かる
2. 冷やす :温めるのは間違い。直接冷やすと患部に刺激となるため、濡れタオルなどで頬側から冷やす
3. 正露丸を詰める :飲むではなく詰める。患部に押し込んで詰めることで痛みが治まる
4. ぬるま湯でうがいをする :歯磨きや冷水でのうがいは患部に刺激となるのでNG
5. やってしまいがちな間違った対処方法 :入浴、喫煙、身体を動かす、患部に触れる、お酒を飲む

これら5つのことから、歯が痛む時の対処方法について分かります。
ここで紹介した対処方法はあくまで応急処置であり、治療の効果は一切ありません。
このため例え歯の痛みが治まっても根本的な解決にはなりません。
痛みが治まった後は時間を作って必ず歯科医院に行き、適切な治療を受けましょう。

求人のご案内

PAGE TOP