お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7302-0412

再診・その他のお問い合わせ

028-683-6701

求人情報

小児歯科に子供1人だけで行っても大丈夫ですか?|宇都宮ベルモール内の歯医者さん 桜ヶ丘デンタルクリニック

桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニック
桜ヶ丘デンタルクリニックへのお問い合わせ:028-683-6701
お問合せ

求人のご案内

医院からのお知らせ

医院からのお知らせ

提携技工所のご紹介

小児歯科に子供1人だけで行っても大丈夫ですか?

宇都宮の歯医者さん、桜ケ丘デンタルクリニックです。
今回のテーマは「小児歯科に子供1人だけで行けるのか」です。
子供が病院に行く時は、親も一緒に行くのが自然です。

では小児歯科の場合はどうでしょうか。
小児歯科は文字どおり子供の歯の治療をメインに行う歯科医院ですから、
敢えて親が一緒に行かず子供1人で行っても問題ないのでしょうか。

子供の年齢次第

まず、小児歯科には「親も必ず一緒に行く」というような決まりはありません。
このため、子供1人で行っても治療が受けられないようなことはないでしょう。
では子供1人で行っても問題ないのか?…それは子供の年齢にもよります。

そもそも小児歯科は子供の歯の成長を考慮した上で治療計画を立てており、
その場だけでなく将来の健康も視野に入れているのです。
このため、歯科医はきちんと治療計画を伝えなければなりません。

また、治療中に思わぬ問題が発見されることもあります。
こうした状況を考えると、小学生のうちは親も一緒に来てほしいと思うのが歯科医の本音です。
なぜなら、今後の治療計画や現状の問題などをきちんと親に伝えたいからです。

子供1人で行くケース

小児歯科に子供1人で行く…つまり来院するケースもあります。
と言うのも、小児歯科は小さな子供が行くイメージがありますが、
実際には中学生でも小児歯科で治療を受けられるからです。

小児歯科は明確な年齢制限がなく、一般的には中学生くらいまでが対象です。
これは顎の骨の成長や永久歯が生えそろう時期を考慮したもので、
つまり中学3年生の子供が小児歯科に行くのは何も不自然ではありません。

しかし中学3年生ともなれば、年齢的に虫歯治療くらいまでなら1人でも問題ないでしょう。
つまり中学生以上で治療内容もハッキリ分かっているとすれば、
その子供が1人で小児歯科に行くケースもあるのです。

親も一緒に行った方が良いケース

歯科医の立場からすれば、以下のケースでは親も一緒に小児歯科に行った方が良いでしょう。

・矯正治療を行っている
矯正治療は費用が高く、治療期間も長く掛かります。
このため、しっかりとした説明がなければ後にトラブルに発展するケースもあるため、
親も同席した上での説明が必要です。

・小学生
小学生はまだ歯科医院が苦手な子供も多いですから、治療に不安を感じるでしょう。
安心してリラックス状態で治療を受けるのは、やはり親と一緒にいるのが一番です。
このため、いくらしっかりした子供でも小学生のうちは子供1人で行くのは避けるべきでしょう。

親が一緒に行くメリット

小児歯科に親も一緒に行くことには、以下のようなメリットがあります。

・子供が安心できる
小さな子供の場合は歯科医院の治療は不安ですし、それどころか歯科医院は恐怖の対象です。
しかし親が一緒にいれば子供も安心して治療を受けられます。

・治療の説明がスムーズ
歯科医としては、やはり治療計画を話す時には親にもそれを伝えたいものです。
特に大きな治療が必要な場合は費用の問題もあるため、子供にだけそれを伝えるわけにはいきません。

・予防効果が高まる
小児歯科は治療だけでなく予防にも力を入れています。
そして虫歯の予防には食生活の改善が必要になるケースもあるため、
子供だけでなく親にも関係した問題です。その意味では、親も一緒に行った方が予防効果は高まります。

乳歯の重要性

子供1人で小児歯科に行かせたい理由が、「乳歯の虫歯なら問題ない」と思っているなら大きな間違いです。
確かに、乳歯はいずれ抜けてしまうため虫歯になっても構わないと考える人が少なくありません。
しかし、乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすく、さらに永久歯の歯並びにまで影響するのです。

また、子供のクセが顎や歯並びの成長に悪影響を及ぼすものもあり、
例えいずれ抜ける乳歯でも永久歯同様に大切に守らなければいけません。
小児歯科ではこのような問題を防ぎ、将来の歯を守ることを視野に入れて治療を行っています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児歯科に子供1人だけで行けるのかについてまとめます。

1. 子供の年齢次第 :「親と一緒に行く」というルールはなく、子供の年齢次第で1人でも行ける
2. 子供1人で行くケース :中学生なら治療内容次第で1人でも問題ない
3. 親も一緒に行った方が良いケース :矯正治療、小学生の場合など
4. 親が一緒に行くメリット :子供が安心できる、治療の説明がスムーズ、予防効果が高まる
5. 乳歯の重要性 :乳歯の虫歯は永久歯の虫歯や歯並びの悪さを招く

これら5つのことから、小児歯科に子供1人だけで行けるのかについて分かります。
これは小児歯科に限らず一般歯科にも言えることですが、
子供がある程度大きくなったら1人で歯科医院に行くことは可能です。

しかし小さなうちは例え小児歯科でも親が一緒に行った方が良いでしょう。
確かに小児歯科の歯科医は子供の対応に慣れていますが、
治療計画や症状の説明などはやはり親に説明するべきと考えるからです。

求人のご案内

PAGE TOP